【注目のFluffy】それいゆ インタビュー

2017/10/12

ネオGS発のマエストロ・ミュージシャンと結成したスーパーバンド・SOLEIL(ソレイユ)のボーカル☆
“2017年のティーンエイジ・ポップス 最高の収穫”という囁きも聞かれるSOLEIL(ソレイユ)のデビューシングル「Pinky Fluffy」。リリースパーティーを目前に控えた、文字通り“Fluffy”(ふわふわしたもの、の意)なボーカル・それいゆちゃんの“素”に迫りました!
2   (1 / 2)
「Pinky Fluffy」を初めて聞いたときの印象は?
可愛くて、素敵なお歌だと思いました☆

──芸能界に興味を持つようになったきっかけは?             


それいゆ (お仕事を)始めたのは3歳くらい。どこかで声をかけられて、ちょっとやってやめて……みたいな感じ…、とおかあさんに聞きました。笑
 

──歌うのも、写真を撮られるのも好き?


それいゆ はい。


──いつ頃からそう思うようになったの?


それいゆ やってみて楽しかった…のはたんきゅんデモクラシーの頃から。……だから小5とかからです。

 

──「それいゆ」はどこから付いた名前?
 

それいゆ おかあさんが、中原淳一さんの雑誌が好きで付けた…と聞きました。日本的でありつつも、世界に目を向けた女性に…という想いがあったみたいで。

 

201710111719_1-500x0.jpg
 

──たんきゅんデモクラシーには参加したいきさつを教えて。
 

それいゆ おかあさんと「たんきゅん」のプロデューサー(マユタン)が知り合いで、一度「たんきゅん」を観に行ったこともあったんですけど、「たんきゅん」が終わってから、雪の日に「つまんない」と思って、それいゆが家で「たんきゅん」のまねをしていた動画を送ったら、急に「やりませんか」と連絡が来たんです。「小さい子でもう1回やるのはありかもしれない」と思ったって。

 

──たんきゅんデモクラシーはどこが良かった?
 

それいゆ くるみちゃんと仲良かったし、マユタンは面白いし、楽しかったです。

 

──たんきゅんデモクラシーを卒業したときは、何をしようと思ってたの?
 

それいゆ 普通に過ごすつもりでした。笑


──それがどうして“おじさん”たちとバンドを組むことに?

 

それいゆ おかあさんの妹がサリー(久保田)さんと一緒に音楽をやっていて、前から知り合いだったんですけど、たんきゅんデモクラシーを卒業した後に、DJイベントでサリーさんと久しぶりにお会いしたときに、「なんか(音楽を)やってみる?」って聞かれて「やってみます」って言ってレコーディングしたら…いつの間にかバンドになってて。

 

サリー久保田 レコーディングが終わった頃に、バンドのほうが面白いんじゃない?って周りに言われたんですよ。確かに音楽性も伝えやすいと思ったので。


──音楽はもともとどういうのが好きだったの??

 

それいゆ 小さい頃はYUIさんとかが好きで、ギターを弾くマネとかをしてました。そうしたら偶然、うちの裏に中森(泰弘)さんが住んでいて、ギターをもらって練習したりもしました。あとはPerfumeも好きでした。

 

201710111719_2-500x0.jpg

 

──「Pinky Fluffy」を初めて聞いたときの印象は?
 

 それいゆ 可愛くて、素敵なお歌だと思いました。

──男の子や大人に対する思いを描いた歌詞だけど、自分の気持ちとカブるところはある?
 

それいゆ 男の子に対しては……普通です。どちらかというと、面白い人が好き。

 

──レコーディングはうまくできた?
 

それいゆ 英語の発音が全然できなくて、とっても苦労しました。小さい頃は割できてたんですけど、全然できなくなってて。笑

 

──歌い方でアドバイスされたところはあったりしたの?
 

それいゆ 「いつか時が経って…」は哀しく、「ねぇ Cotton Candy…」のところは“特に元気よく”と言われました。そこをよく聞いてみてほしいです。


──「Breakout」はどうだったの?

 

それいゆ 全部英語だし、歌詞がキツキツのところが特に大変でした。グロッケンは自分で叩いてます。

 

──モノラルミックスは、古臭い、とか思ったりはしなかった?


それいゆ
 片方のイヤホンでも同じ音が聞けるから便利だと思う。笑
 

2   (1 / 2)