2019年06月14日 UP

「アパシー 学校であった怖い話」ドラマCD声優オーディション

あなたの声が恐怖を作る…!

【主催】株式会社シャノン

ゲームメーカーの株式会社シャノンでは、ドラマCD「アパシー 学校であった怖い話」のキャストオーディションを開催している。本作は同名のホラーアドベンチャーゲームのドラマCD化作品。合格者は、その後もキャノン制作作品に出演のチャンスがある。

主催者より☆
伝説のホラーアドベンチャーゲーム「アパシー 学校であった怖い話」のドラマCDに声優として出演いただく方を募集致します。

『風間望役:風間勇刀(アクセント所属)』や『倉田恵美役:日野まり(シグマ・セブンe所属)』が出演決定。また、今後製作予定の他作品や当社主催のイベントにも出演して頂ける方も募集いたします。

■『学校であった怖い話』とは?
原作:飯島多紀哉
1995年に発売されてから、カルト的人気を誇り、数々の実況動画でも今なお人気が高いホラーアドベンチャーゲーム。圧倒的な選択肢により、幾重にも広がる恐ろしいストーリー。その千差万別に分岐する選択肢の数々は今もなお類を見ないほどの世界観の広がりをみせ、伝説の選択肢分岐ゲームとして世に知られている。

<ストーリー>
鳴神学園の新入生、坂上修一は、新聞部の先輩である日野貞夫から命を受け、自身の通う学校の七不思議の特集を組むことになる。日野が集めた七人の語り部から順番に話を聞き、それをまとめることで「学校の七不思議」の新聞を作ることになっていたはずが、あつまった語り部はなぜか六人しかいない。
七人目が姿を見せぬまま始まる「七不思議の集会」。七人目は現れるのか?そして、この集会の終わりに待っているものとは・・・。


■募集キャラクター
【アパシー 学校であった怖い話】登場人物
・荒井昭二(あらい・しょうじ)
・新堂誠(しんどう・まこと)
・岩下明美(いわした・あけみ)
・細田友晴(ほそだ・ともはる)
・福沢玲子(ふくざわ・れいこ)
・元木早苗(もとき・さなえ)
・綾小路行人(あやのこうじ・ゆきひと)
・日野貞夫(ひの・さだお)
・坂上修一(さかがみ・しゅういち)

*上記キャラクター以外も選考予定

【資格】20歳以上。性別不問。
・声優として作品に携わったことがあること
・プロ・アマ問わず(所属者は所属先の同意を得ること)
・20歳未満は、学校や事務所等の推薦状と保護者の同意があれば応募可


【方法】
○メール:必要事項を送信。

<必要事項>
・件名:「学校であった怖い話」ドラマCD声優オーディション
・履歴書:オンラインオーディション応募用紙 / エクセル版オーディション応募用紙にて

(オンラインオーディション応募用紙はログイン / 新規会員登録の上、必要事項を入力し、写真をアップロードすると作成できる)
・ボイスサンプル:テキスト内容は専用ページにて配布してる物を使用し、5分以内に収録したもの
・自己PR用の作品(任意):動画サイト等のURLを記載またはデータ添付など


【宛先】
E-mail:78audition@gmail.com


【締切】7月8日

【問合せ】
E-mail:78audition@gmail.com

株式会社シャノン
http://takiya.info/shannon/


【選考の流れ】
書類審査

・通過者に順次連絡


面接

・7月13日、東京都渋谷区にて開催予定


【合格後】「アパシー 学校であった怖い話」シリーズのドラマCDに出演する。以降、株式会社シャノン制作作品に出演していく予定(PCゲーム、コンシューマーゲーム、アプリ等)。

【備考】注意事項等に関して、オーディションサイトを確認すること。審査料無料。ただし選考に関わる交通費等は自己負担。

オーディション検索

  • ジャンルで絞り込む

  • メディアで絞り込む

  • 地域で絞り込む

  • 作品で絞り込む

  • 自己PRで絞り込む