2017年04月01日 UP

ミスiD2018(本エントリー)

今年のキャッチコピーは「ぼっち、が、世界を変える。」

201704011502_1-400x0.jpg
ミスiD2017受賞者たち。グランプリは武田杏香(前列センター)

【主催】講談社ミスiD事務局

2012年開催の第一回目で、現ViViモデルの玉城ティナ(当時14歳)を発掘。「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子」を探す、講談社主催の女の子オーディションプロジェクト「ミスiD」の本エントリーがスタート。エントリーを受け付けている。

プロ・アマはもちろん、国籍、未婚・既婚も問わない。タトゥーがあっても金髪でも引きこもりでもOK。よくあるモデルやアイドルのオーディションに応募をためらってるような12歳~35歳の女性(1982年4月2日~2006年4月1日生まれ)を求めている

主催者より☆
数あるモデルやグラビアや雑誌の冠オーディションとはまったく違う、「世界にひとりだけの女の子」を探し、その人にあった新しいスタイルで世に出そうというオーディションプロジェクト「ミス iD」。

2012 年開催の第一回目以来、現 ViVi モデルの玉城ティナ、笑わない美少女・蒼波純、”神スイング”稲村亜美、 LADYBABY の金子理江と黒宮れい、アートスター・水野しず、透明感あふれる女優・保紫萌香、モテ女子 として大ブレイク中の”ゆうこす”こと菅本裕子など、ネクストブレイク・ガールの梁山泊となりつつあります。今年のキャッチコピーは「ぼっち、が、世界を変える。」(ビジュアルモデルは、ミスiD2017グランプリ武田杏香とミスiD2017私。)

今年は本エントリーの前に、前哨戦とも言える「プレエントリーCHEERZ」を開催。素人女子高生から現役海女、グラドル萌木七海やセクシー女優の戸田真琴といった13名のカメラテスト進出者が早々と決定。本エントリーでもプロアマは勿論、国籍、未婚既婚も問わず。年齢も12歳から35 歳まで。タトゥーがあっても金髪でも引きこもりでもOK。よくあるモデルやアイドルのオーディションに応募 をためらってるような、すべての女の子へ。

■選考委員 ☆は初参加
青山裕企(写真家)家入一真(実業家)大郷剛(プロデューサー)
大森靖子(超歌手)☆大山卓也(ナタリー)☆菅野結以(モデル)
岸田メル(イラストレーター) ☆倉持由香(グラビアアイドル)小林司(ミスiD実行委員長)
佐久間宣行(テレビ東京プロデューサー)☆紗倉まな(えろ屋/作家) ☆中郡暖菜(bis編集長)
東佳苗(縷縷夢兎デザイナー)山戸結希(映画監督)吉田豪(プロインタビュアー)
and more


【資格】1982年4月2日~2006年4月1日生まれの女性。
・国籍/プロ・アマ/未婚・既婚など不問
・グラビア、女優、モデル、歌、ダンス、文学、漫画、アニメ、ゲーム、コスプレ、イラスト、詩、エッセイ、スポーツ、政治、哲学、写真、ファッション、デザイン、料理、作詞作曲、DJ、自撮り、その他自分の好きなジャンル、こだわり、表現を持っていること。誰かと似てない何かがあること
・審査&お披露目イベントに参加できること(【選考の流れ】を参照。会場はすべて東京都内)

【方法】
◯WEB:オフィシャルサイトより。

https://miss-id.jp/2018

【締切】5月15日23:59(締切延長)

【選考の流れ】
エントリー

書類選考

カメラテスト

■日程:6月中旬

セミファイナリスト選考

■日程:7月中旬~9月下旬

ファイナリスト選考

■日程:9月中旬~10月中旬

最終面接

■日程:10月上旬

ミスiD2018および各賞発表

■日程:10月下旬

【合格後】「ミスiD2018」として活動していく。

【備考】応募・審査の詳細に関して、エントリーページを確認すること。

オーディション検索

  • ジャンルで絞り込む

  • メディアで絞り込む

  • 地域で絞り込む

  • 作品で絞り込む

  • 自己PRで絞り込む